「2020年09月」の記事

令和元(2019) 年度版安全報告書を公開いたしました。

2020年9月17日 / お知らせ

津軽鉄道では、輸送の安全確保に関する当社の取り組みを広くご理解いただくことを目的として、「安全報告書」を掲載いたしました。

本報告書は、鉄道事業法第19条の4に基づく安全報告書で毎年発行しているものです。

本報告書では、鉄道輸送の安全確保のための取り組みや実績などを、写真を用いてご説明しています。

下記ページにて記載しております。

安全報告書

【新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取組みについて】

2020年9月16日 / お知らせ

【新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取組みについて】

 

津軽鉄道株式会社では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の対策を実施しております。ご利用のお客様におかれましても、手洗いやマスク着用、咳エチケットの感染予防対策に、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

  • 鉄軌道事業者における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドラインに基づき、

以下の内容を実施しております。

・従業員の体調確認

・駅待合室と車内の換気

・駅待合室と車内の定期的な消毒

・係員のマスク着用(熱中症対策として状況によりマスクを外す場合もあります)

 

  • お客様へのお願い

・手洗いとアルコール消毒の励行をお願い致します。

・マスクの着用と会話は控えめにするようご協力をお願い致します。

・駅待合室と車内換気実施へのご理解とご協力をお願い致します。

・発熱などの症状のあるお客様には、ご利用の自粛をお願いしております。

 

カネモリトレインフェスティバル3出店のお知らせ

2020年9月16日 / お知らせ

2020年9月19日(土曜日)、20日(日曜日)、21日(月曜祝日)に開催される、
カネモリトレインフェスティバル3 BYRギャラリー会場に、津軽鉄道グッズ、つてっちーグッズが購入できるるブースがございます。近隣の皆様ぜひお立ち寄りください。
東北の鉄道が参加いたしますよ。
津軽鉄道イメージキャラクターの「つてっちー」も遊びにいきます!

津軽鉄道の商品は
走れメロス号キーホルダー、ストーブ列車ピンバッチ、走れメロス号ピンバッチ、ストーブ列車缶バッチ、津鉄Tシャツ(S、M、L、XL)津鉄ポロシャツ(S、M、L、XL)つてっちークリアファイル、つてっちーポストカード、つてっちー缶バッチ(転車台)、つてっちー×青森りんこコラボ缶バッチ(黄色、ピンク)、つてっちー刺繍トートバッグ、生成色つてっちーチャームストラップ、チビつてっちー(ストーブパンツ、メロスパンツ)、つてっちーマスキングテープ、つてっちー手ぬぐい、つてっちー飴、石炭クッキー、立佞武多のおやつ(りんごスナック)を販売しております。

詳しくは金森赤レンガ倉庫のHPまでhttps://hakodate-kanemori.com/event/20200827-2591
【ご来場のお客様へ新型コロナウィルスの感染防止対策へのご協力のお願い】もご覧いただき、
みんなでしっかり感染防止対策をしながら楽しみましょう。

【ご来場のお客様へ新型コロナウィルスの感染防止対策へのご協力のお願い】
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、下記の対策をとらせていただきます。
皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。
① 体調に不安のある方は、ご来場をご遠慮ください。
② ご来場の際は、必ずマスクの着用をお願い致します。
サーモグラフィーにて、検温のご協力をお願い致します。
※ 37.5℃以上の方は、入場をお断りする場合がございます。
④ 会場内に消毒用アルコールを設置しておりますのでご使用下さい。
咳エチケットにご協力ください。
⑥ 会場内が混雑した場合は、入場制限を実施致します。
入場票のご記入又は北海道コロナシステムの登録にご協力ください。
⑧ 会場スタッフはマスクを着用致します。
⑨ 会場内は常時換気をしております。

 

「マルッと🍎津鉄応援隊」オンライン夕陽列車(津鉄の日SP)について

2020年9月16日 / お知らせ

オンライン夕陽列車の開催について「マルッと🍎津鉄応援隊」より
下記のとおり情報提供をさせていただきましたのでお伝えさせていただきます。

いつもお世話になっております。
この度は、コロナ禍の活動自粛などで、津軽鉄道をはじめ、津軽地域では多大な影響を受けています。

そこで、津軽鉄道沿線の応援団体が
一体となり、「マルッと🍎津鉄応援隊」として、オンラインイベントを企画し、開催致します。

9月22日火曜日は、津鉄の日、ということで、津軽飯詰駅から、
秋の津軽鉄道や、津軽平野をオンラインで生配信する、オンライン夕陽列車(津鉄の日SP)を企画しました。

津軽鉄道、あおもり五所川原グリーンツーリズム協議会、津軽鉄道サポーターズクラブ、飯詰を元気にする会、の共催です。津鉄アモーレさんにも応援いただきます。

津軽平野の秋の夕暮れを、楽しみながら、みんなで津軽鉄道を応援しましょう!そして、津軽地域の元気も一緒にお届けします🙌

※生配信への参加には、有料チケット( ¥1000税込)+peatixへの(手数料220円税込)が必要です。

チケットお申込みは、こちらから↓
https://toymama33.peatix.com/view

 

#津軽鉄道 #オンライン夕陽列車 #津軽飯詰駅 #青森五所川原 #津軽平野 #ローカル線 #走れメロス号 #太宰列車 #鈴虫列車 #あおもり五所川原グリーンツーリズム協議会 #飯詰を元気にする会 #津軽鉄道サポーターズクラブ #津鉄アモーレ #津軽飯詰駅博物館 #コミュニティカフェでるそーれ

 

マルッと🍎津鉄応援隊
あおもり五所川原グリーンツーリズム協議会 担当・斉藤しのぶ

 

youtubeチャンネルはこちら↓

https://youtu.be/ZLLBjoE71Oo

 

「津軽鉄道レール・オーナーに「青森りんこ区間」を作って津鉄を支えよう!」の募集開始について(制度活用の提案)

2020年9月1日 / お知らせ

青森りんこさん と りんこファン による津鉄支援企画

「津軽鉄道レール・オーナーに「青森りんこ区間」を作って津鉄を支えよう!」の
募集開始について

(津鉄支援を考える皆さんに津軽鉄道レール・オーナー制度の活用方法のご提案と実践)

まず、津軽鉄道で実施している、レール・オーナー制度とは・・・
津軽鉄道全線20.7kmのうち、駅間を指定し1mのオーナーとなって、津軽鉄道を支援する制度です。返礼品はオーナー限定の乗車券、ピンバッチ等の特典品が送られてきます。詳しくはこちら

■募集内容

津軽鉄道レール・オーナーの区間に「青森りんこ区間」を作ろう!

青森りんこ区間は 金木から芦野公園に向って です。
青森りんこさんの思いに賛同する皆さんで、連なってレール・オーナーになっていただき、
金木から芦野公園に向う区間〇〇k〇〇mから〇〇k〇〇mまでは「青森りんこ区間」として
青森りんこさんと思いを同じくする方々の区間となります。

※名簿には個人名としての登録となりますが、青森りんこ区間として連なった登録となります。

■募集期間

令和2年9月1日から令和2年10月31日まで

■申込方法【津軽鉄道への直接申し込みのみとなります。】

1.駅備え付けの申し込み用紙 または 下記の申し込み用紙を印刷の上ご記入いただき、
現金書留での郵送、駅窓口に、申込書と申込金額をお持ちいただきお申し込みいただく方法。

»申込書(PDF)20200901更新 »申込書(Word)20200901更新

※お手持ちの古い申込書に「青森りんこ区間」と記入してご活用いただく事も可能です。

2.津軽鉄道オンラインショップ内 青森りんこ区間専用申し込みページ
・ページ内の入力により申し込みが完了いたしますのでお勧めです。
・お支払いは、銀行振込、ペイパルによるクレジットカード決済が可能です。

□現金書留 〒037-0063 青森県五所川原市字大町39番地 津軽鉄道株式会社
□各有人駅 津軽五所川原駅窓口 金木駅窓口 津軽中里駅窓口
□津軽鉄道オンラインショップ専用ページ https://tsutetsu.shop-pro.jp/?pid=152725322

■申込金額

レール・オーナー1口5,000円 (複数口のお申し込みも可能です)

■特典【下記クリックで品物の確認ができます】

(1)会員証(B5サイズ)

(2)会員特別乗車券(オーナーとなっている場所を乗車して体感ください。)

(3)レール・オーナー限定つてっちーピンバッチ

(4)青森りんこ非売品アクリルキーホルダー

■ご確認ください。

入金確認がなされた時点でお申し込みが完了したこととなります。
※今回は青森りんこ区間の募集期間が終了してから会員証等の特典を送付いたします。
※「津軽鉄道レール・オーナー」は、津軽鉄道のレールの所有権、占有権をレールオーナーの方に譲渡するものではございませんので、この点をご理解の上お申込ください。

以上が今回の募集内容でございます。

以降は津軽鉄道レール・オーナー制度の新たな活用方法に
ついて今回の実施内容を基にご説明いたします。

この企画は青森りんこ氏が津軽鉄道の支援について、自身のファンの方と情報交換をしている際に、ファンの方よりご提案をいただいた内容を、青森りんこ氏が実施する一回きりの企画ではなく、津鉄の支援を考えている、インフルエンター・個人・企業・各種団体、等々の皆さんが、活用できる企画として弊社にご提案をいただいたものでございます。

「金木から芦野公園に向う間に 青森りんこ 区間を作って津鉄を支えよう!」募集開始

事前に津軽鉄道総務課に連絡の上「募集区間の設定」「募集期間の設定」「募集方法」などの打ち合わせをいたします。

募集開始にわせて津軽鉄道では、通常のレール・オーナーの募集とは別に、レール・オーナー「青森りんこ区間」の募集を受付いたします。

今回は、青森りんこさんとの相談の上、募集期間を2ヵ月として受付をする事といたしました。

募集の受付は、津軽鉄道への直接申し込みのみで、現金書留、各有人駅窓口、オンラインショップに期間限定で開設される「青森りんこ区間専用申し込みページ」で可能となっております。

募集期間終了後に、津軽鉄道で青森りんこ区間の登録をおこないます。

青森りんこファンの皆さん、活動を応援いただいている方々が、同じ区間内の連なった場所に登録される事となり、〇〇k○○mから○○k○○m間は「青森りんこ区間」として登録される事となります。

※名簿には個人名としての登録となりますが、青森りんこ区間として連なった登録となります。

津軽鉄道の「特典品」の送付に合わせて、お礼の品物やお手紙の同封も可能です。

オーナーになっていただいた皆さんには通常通り津軽鉄道の「特典品」が送付されます。今回の企画では津軽鉄道の特典に加えて、青森りんこさんより「非売品のグッズ」と「感謝のお手紙」も特典品に追加をさせていただき、応援をしていただいたファンの方に、感謝の気持ちをお送りいたします。

実施していただいた実績を津軽鉄道の駅に掲載いたします。

津軽鉄道金木駅に「青森りんこ区間として、〇〇メートルのご支援をいただきました(仮)」の実績のポスターを掲載し、併せてレール・オーナーのPRをおこないます。

※津軽鉄道が手作りでポスターを作成いたしますが、募集主側でポスターの作成も可能です。

 

津軽鉄道レール・オーナーに「□□□区間」を作って津鉄を支えよう!の企画内容

 1.募集区間の設定 ○○駅から○○駅に向ってという区間を決めます。

例※「津軽中里から深郷田に向って」

例※「五農校前から津軽飯詰に向って」 など

 

2.区間名の設定 □□□区間名(インフルエンサー名・企業名・団体名・有志の会名等)を決めます「〇〇から〇〇間に□□□区間を作って津鉄を支えよう!(変更可)」

例※「〇〇駅から〇〇駅間に津軽鉄道応援企業の区間を作って津鉄を支えよう!」

例※「〇〇駅から〇〇駅間に〇〇機関○○支店有志の区間を作って津鉄を支えよう!」

例※「〇〇駅から〇〇駅間に〇〇○○支援の区間を作って津鉄を支えよう!」

例※「〇〇駅から〇〇駅間に〇〇クラブ会員の区間を作って津鉄を支えよう!」など

  

3.募集期間の設定 津軽鉄道にて受付を実施させていただく期間
(連なった区間とする為)

例※募集主の方が、自分が募集する規模に合わせて期間を定められます。

例※募集内容・規模により、津軽鉄道の公式ホームページでのお知らせ、公式オンラインショップに「専用申し込みページ」の設置を希望される場合は弊社にてページを準備いたします。

 

4.申し込み方法は、津軽鉄道への各有人駅窓口、現金書留、オンラインショップのみの申し込みといたします。

例※申し込みについては、募集主はあくまでも呼びかけにより支援を促し協力するという事になりますので、申し込みは全て各個人が津軽鉄道へ直接申し込みをしていただく事となります。

例※「各募集に参加する場合は レール・オーナーの申し込み用紙に「〇〇の区間」と記入してお申し込みをいただく、公式オンラインショップの「専用申し込みページ」を活用して申し込みいたします。

 

5.特典の発送に際して同封してほしいものがある場合は同封も可能となります。

例※追加の特典品をプレゼントしたい。

例※メッセージをお送りしたい。

 

6.津軽鉄道の施設内に「□□□区間として、〇〇メートルのご支援をいただきました」としてポスターを掲示いたします。

津軽鉄道にて作成いたしますが、募集主側での作成も可能です。